麻疹・風疹患者発生情報


 風しんは、2012年、関西を中心に流行が始まり、その後関東圏に流行拡大し、2013年、全国的に患者数が増加しました。今後も昨年同様流行の拡大が懸念されますので、風しんの罹患歴がなく、予防接種を受けていない方は注意が必要です。特に妊娠初期の女性が風しんに感染すると、先天性風しん症候群の児が出生する可能性がありますので、これから妊娠する可能性のある方や、その夫への事前のワクチン接種をおすすめします。
 また、こまめなうがいや手洗いなど感染の予防を心がけてください。
風しんの注意喚起情報(三重県健康福祉部:2013年4月10日)
三重県内のMRワクチン接種可能医療機関一覧(H25.5)(三重県医師会)
厚生労働省 風疹専用サイト「風疹について」
麻しん患者の増加について(厚生労働省:2014年2月7日)
都道府県別届出状況(麻疹風疹
 (最新週報:今週届出数と本年届出数累計)
届出基準・届出様式
・みえの感染症ガイドブック麻疹風疹
・過去の定点把握調査情報:麻疹風疹
 ※麻疹・風疹は、平成20年1月1日から5類全数届出感染症に移行しました。
三重県における麻疹・風疹患者発生状況
      ★患者に関する詳細情報(エクセルファイル)  

     2016年  2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
     2009年  2008年

三重県における麻疹・風疹患者届出数

診断年月

麻 疹

風 疹

2016年  1月〜2月  - -
3月 1 -
合 計  1 0
2015年  1月〜3月  - -
4月 - 2
5月 - -
6月 - 1
7月〜10月 - -
11月 - 3
12月 - 1
合 計  0 7
 2014年  1月  - 7
2月〜5月 - -
6月  - 1
7月  - -
8月  1 -
9月〜12月  - -
 合 計  1 8
  2013年   1月 - 1
2月 1 6
3月 3 7
4月 - 17
5月 - 25
6月 - 19
7月 - 14
8月 - 7
10月 - 1
11月 - 1
12月 1 1
 合 計  5 99
 2012年   3月 - 2
6月 - 3
7月 - 1
8月 1 20
9月 - 22
10月 - 6
11月 - 3
12月 - 1
 合 計  1 58
2011年 1月〜2月 - -
3月 - 1
4月 - 2
5月 - -
6月 - 1
7月 - 1
9月  1 -
10月  - 1
11月  - 1
12月  1 -
 合 計 2 7
2010年 1月〜2月 - -
3月 1 -
 4月〜5月 - -
6月 1 -
7月 - 1
8月 1 -
9月 2 -
10月〜11月  - -
12月 2 -
合 計 7 1
2009年 1月〜2月 - -
3月 1 1
4月 - -
5月 - 1
6月〜7月 - -
8月 1 -
9月〜12月 - -
合 計   2 2
2008年 1月 1 -
2月 5 -
3月 - -
4月 1 2
5月 20 1
6月 14 1
7月 - 1
8月 1 -
9月 1 -
10月〜12月 - -
合 計   43 5

全国のウイルス分離・検出速報 (IASR)
  麻疹ウイルス   風疹ウイルス

麻疹対策・ガイドライン国立感染症研究所感染症情報センター

麻しんに関する特定感染症予防指針 

麻しんの検査診断について(厚生労働省:2010年11月16日)
三重県内における麻疹患者の発生-帰国者を発端としたD9型麻疹ウイルス検出事例(IASR 2010/10/18)
麻しんと診断された伝染性紅斑の家族例(IASR 2010/8/31)
麻しんか伝染性紅斑か診断に迷った症例(IASR 2010/8/31)
 

伝染性紅斑の成人患者における血清中の麻疹ウイルスIgM抗体価の変動(IASR 2010/9/1)

はしかから身を守るために(国立感染症研究所感染症情報センター:麻疹教育啓発ビデオ)
 

 過去の三重県における取り組み
 
「三重県麻疹・風疹患者全数把握調査」
 
 実施期間:
2004年9月27日〜2007年12月31日

   三重県では、2004年9月〜2007年12月にかけて、医師会、小児科医会と協働で麻疹・
  風疹患者全数把握調査を実施しました。
   旧感染症法では、麻疹、成人麻疹、風疹は、5類定点把握対象疾患に指定され、麻疹、
  風疹は県内45か所の小児科定点から、成人麻疹(15歳以上)は県内9か所の基幹定点
  からの週毎の報告数 により把握されていましたが、定点医療機関の少ない市町もあり、
  地域の患者発生状況を正確に把握することが困難でした。このため、地域における麻疹
  及び風疹の患者発生状況を詳細に把握し、その状況を地域の関係機関に提供・公開す
  ることにより、ワクチン接種率の向上を図り、発生予防とまん延防止の推進に資すること
  を目的に実施したものです。

全数把握調査による患者報告数(定点把握患者数を含む)

診断年月

麻 疹

成人麻疹

風 疹

2004年 9月 - -
10月 - -
11〜12月 - - -
2005年 1〜12月 - - -
2006年 1〜12月 - - -
2007年 1月 -
2月 - - -
3月 -
4月 - -
5月
6月
7月 - -
8月 -
9月 -
10〜11月 - - -
12月 - -
総数 15 25

   ※詳細はこちらのエクセルファイルをご覧ください。
    なお、本調査実施時の感染症発生動向調査事業実施要綱に基づく届出基準では、「麻 しん」は小児科
   定点医療機関から15歳未満の症例を、「成人麻しん」は基幹定点医療機関から15歳以上の症例を届け
   出ていただくこととなっており、本調査もこれに準じた集計としています。(小児科定点医療機関から15
   歳以上の成人麻しん例が報告された場合、基幹定点医療機関から15歳未満の麻しん例が報告された場
   合等の区分は、「定点以外」の表記となっています)。

 参考情報・関連リンク

「感染症分類と届出基準・届出様式」

麻疹と風疹の全数把握対象疾患への移行及び定期予防接種対象の拡大について

国立感染症研究所感染症情報センター 疾患別情報:麻疹(はしか)
 

・国立感染症情報センター感染症の話
 ( 麻疹 ・ 風疹 ・ 先天性風疹症候群 )
・東京都健康安全研究センター作成
  麻疹Q&A 
トップページへ戻る
トピックスメニューへ戻る