トップページへ戻る
トピックスメニューへ戻る

三重県産ブタの日本脳炎ウイルス抗体保有状況
 

日本脳炎は、フラビウイルス科に属する日本脳炎ウイルスによる急性脳炎です。

 日本脳炎ウイルスが妊娠ブタに感染すると死流産を起すことがありますが、ほとんどの場合無症状です。しかし、感染ブタはウイルス血症を起すため、血液中にウイルスが認められます。このようなブタを吸血したコガタアカイエカが人を刺すことにより感染します。

  日本脳炎ウイルスに感染してもほとんどが不顕性感染で症状は出ませんが、100人〜1000人に1人の割合で発病するという報告もあります。感染した場合、潜伏期間 6〜16日間で、高熱を呈し、頭痛、痙攣、意識障害を伴う脳炎として発病します。発病すると、死亡率は約15%で、幼少児や老人では死亡 リスクが高くなります。生存者の約50%が中枢神経系に後遺症が残るといわれています。小児では特に重篤な脳炎を起し、重度の障害を残します。

 このため、三重県では、日本脳炎の流行を予測し、必要な対策を講ずるため、厚生労働省の感染症流行予測調査事業の一環として、毎年初夏〜初秋に、三重県保健環境研究所において、県内産ブタにおける日本脳炎ウイルスに対する赤血球凝集抑制(HI;Hemagglutination Inhibition)抗体保有状況調査を行っています。この調査により、日本脳炎ウイルスのブタへの感染状況が分かります。

 平成29年度は7月20日に調査を開始し、通常、初秋まで調査を行います。


 

平成29度県内産ブタの日本脳炎ウイルス抗体保有状況調査結果

採血月日
検査
頭数
HI抗体
 陽性頭数
HI抗体
陽性率
(%)
2-ME
感受性
抗体
検査頭数
2-ME
感受性
抗体
陽性頭数
2-ME
感受性
抗体
陽性率
(%)
7月20日  10 0 0 0 0 0
8月 4日  10 3 30 3 3 100
8月10日  10 8 80 6 0 0
8月18日  10
5 50 4 2 50
8月25日  10
6 60 4 0 0
9月 1日  10
7 70 7 1 14
9月22日  10
7 70 6 0 0
10月19日  10
8 80 8 0 0
※2-ME感受性(IgM)抗体:2-メルカプトエタノール感受性抗体(IgM抗体)をいい、前年の秋以降に生まれたブタが日本脳炎ウイルスに対するHI抗体を保有し、さらにこの2-ME感受性抗体を保有している場合、ブタが最近(1〜2週間前に)日本脳炎ウイルスに感染したと推定することができます。 なお、2-ME感受性抗体の検査は、HI抗体が40倍以上となったブタについて行うこととされています。

・全国の調査結果は国立感染症研究所(感染症流行予測調査)をご覧ください。

・過去の調査結果は以下をご覧ください。
 平成17年度  平成18年度  平成19年度    平成20年度  平成21年度  平成22年度 平成23年度
 平成24年度
  平成25年度  平成26年度  平成27年度  平成28年度


日本脳炎ウイルス感染予防対策

1)蚊に刺されないようにしましょう(乳幼児や高齢者は特に注意しましょう)。

 @戸外へ出るときは、できる限り長袖、長ズボンを身に着けましょう。

 A露出している皮膚には、虫除けスプレーなどを噴霧すると良いでしょう。

 B網戸を使用し、蚊の侵入を防ぎましょう。

2)過労を避け、十分な睡眠と栄養をとるように心がけましょう。

3)蚊の発生を防ぐため、水たまりなど、蚊の発生を助長するような場所をなくしましょう。
 


参考情報リンク集

1)三重県報道発表情報

2)三重県・全国における日本脳炎患者発生状況

3)みえの感染症ガイドブック(日本脳炎)

4)医師から都道府県知事への届出のための基準 : 届出様式 

5)国立感染症研究所:感染症の話(日本脳炎)