腸管出血性大腸菌感染症って何?

 腸管出血性大腸菌による食中毒は、1982年にアメリカでハンバーガーの肉を感染源とした集団下痢症の発生により初めて確認されました。患者から分離された細菌はO157(Escherichia coli O157:H7)と呼ばれ、日本でもO157による集団食中毒は1990年に埼玉県内の幼稚園で初めて確認されましたが、1996年5月に岡山県での大規模な集団食中毒事件で再び注目されることになりました。
 「O157:H7」とは、157番目に発見されたO抗原(菌体の抗原)と7番目に発見されたH抗原(鞭毛の抗原)をもつ大腸菌という意味です。家畜や健常人に常在する大腸菌とは異なり、志賀毒素を産生して下痢などの症状を引き起こすもので、志賀毒素産生性大腸菌とも呼ばれています。我が国で分離される代表的な血清型はO157ですが、他にもO1、O26、O111、O128、O145等の血清型の一部が志賀毒素を産生すると報告されています。

特徴は?

(1)感染力が強い
 赤痢(細菌性赤痢)に近い感染力を持っており、通常の細菌性食中毒は細菌を100万個単位で摂取しないと感染しませんが、O157は100個程度の菌量で症状が出るといわれています。
 
(2)潜伏期間が他の食中毒に比べて長い
 通常の細菌性食中毒の潜伏期間が数時間から3日程度であるのに対して、O157は4日から8日と長いのが特徴です。
 
(3)猛毒を産出する
 O157は志賀毒素と呼ばれる猛毒を産生し、細胞でのタンパク質合成を阻害し、細胞を破壊します。

症状は?

 初期の症状は腹痛や水様性の下痢で、症状が出てから1〜2日あたりから便に鮮血が混入し、典型的な症状として固形物のない血性下痢がみられます。下痢は1日に4〜5回以上あり数日持続します。吐き気、嘔吐、発熱などを伴う場合もありますが、高熱となることは少ないようです。普通は、発症後4〜8日で薬を飲まなくても自然に治りますが、下痢がひどいときは入院して輸液などを行います。腸管出血性大腸菌感染症のなかでもO157による感染例は、ほかの血清型と比べて一般的に症状が重く、乳幼児、小児や高齢者では発症すると溶血性尿毒症症候群(HUS)などの合併症を起こすことがあります。このほか無症状でも菌を保有していることがあり、患者に準じた慎重な対処が必要となりますが、患者はもとより保菌者に対する差別や偏見が生じないよう配慮することが重要です。

感染経路は?

 飲食物を介する経口感染がほとんどで、菌に汚染された飲食物を摂取するか、患者の糞便で汚染されたものを口にすることが原因となります。O157は感染力が強く、通常の細菌性食中毒では細菌を100万個単位で摂取しないと感染しないのに対し、わずか100個程度の菌数の摂取で発症するといわれています。このため人から人へ二次感染を起こすことがあり、家族内での感染事例も多く、本疾患は食中毒としてだけでなく、感染症としての対策も必要です。
 また、潜伏期間が4〜8日と長いため、原因食品・感染源の特定が難しいのも特徴です。

 

引用(参考)文献等

IDWR感染症の話:国立感染症研究所感染症情報センター

腸管出血性大腸菌Q&A(厚生労働省)

1次、2次医療機関のための腸管出血性大腸菌感染症治療の手引き(厚労省)

医師からの都道府県知事等への届出のための基準

国立感染症研究所病原微生物検出情報

 ・Vero毒素産生性大腸菌 1991.1〜1995.11

 ・腸管出血性大腸菌O157:H7の集団発生、1996

 ・Vero毒素産生性大腸菌(腸管出血性大腸菌)感染症 1996〜1997.6

 ・腸管出血性大腸菌(Vero毒素産生性)感染症 1996〜1998.4

 ・腸管出血性大腸菌感染症 2000年3月現在

 ・腸管出血性大腸菌感染症 2001年4月現在

 ・腸管出血性大腸菌感染症 2002年4月現在

 ・腸管出血性大腸菌感染症 2003年5月現在

 ・腸管出血性大腸菌感染症 2004年5月現在

 ・腸管出血性大腸菌感染症 2005年5月現在

腸管出血性大腸菌感染症メニューに戻る