感染性胃腸炎

  感染性胃腸炎の患者届出数は、例年11月上旬から急増し、12月をピークに一旦減少しますが、1~3月に再度増加し、その後徐々に減少していきます。12月のピークはノロウイルス、春のピークはロタウイルスによって形成され、腸炎ビブリオなど細菌性のものが夏期の胃腸炎の原因になっています。
三重県の2022年第3週 1月17日(月)~1月23日(日)の定点当たり患者数は9.53人となっています。
感染性胃腸炎は、ほとんどの場合、患者との接触 (便、吐物など)や、汚染された水、食品によって経口的に感染します。手洗い、うがいを励行し、日常的に清潔を保つことが重要です。
感染性胃腸炎患者から検出されているウイルスは、こちらをご覧ください。三重県 全国
 以下のことに注意し感染予防に努めましょう。
ノロウイルス食中毒予防対策(予防のポイント・消毒方法・手洗いの手順)
 <保健所管内別定点あたり届出数>
 警報レベルを超えた場合、大きな流行が発生または継続していることが疑われる、注意報レベルを超えた場合は、大きな流行が発生する可能性がある又は流行が終息していな可能性が疑われます。これらはあくまで流行状況の指標であり、都道府県として発令される「警報」とは異なります。
報告数の過去5年間の報告数との比較
 本年の定点あたり報告数が、赤色折れ線を超えているときは、過去5年間と比較してかなり報告数が多いことを示しています。(過去5年間の平均:当該週とその前後の週の計15週の平均)
感染性胃腸炎
  桑名 四日市市 鈴鹿 松阪 伊勢 伊賀 尾鷲 熊野
2022-01-14 0.09 0.13 0.35 0.06 0.11 0.11 0.91
2022-01-17 0.13 0.12 0.05 0.12 0.33 0.34 0.57
2022-01-18 0.16 0.15 0.09 0.12 0.23 0.28 0.1
2022-01-19 0.12 0.09 0.11 0.07 0.12 0.23 0.23
2022-01-20 0.2 0.21 0.05 0.08 0.31 0.17 0.32 1.42
2022-01-21 0.34 0.17 0.17 0.21 0.42 0.1 1.41
2022-01-24 0.22 0.13 0.04 0.22 0.12 0.77
2022-01-25 0.04 0.03 0.08 0.37 0.12 1.86
2022-01-26 0.07 0.19 0.24 0.04 0.38 0.29 0.92
2022-01-27 0.04 0.12 0.1 0.35 0.05 0.23 1.23
<学校等欠席者情報システムとは>
 感染症で欠席する児童・生徒等の発生状況をリアルタイムに把握して、学校(保育園)、教育委員会(保育課)、学校医、保健所等と情報を共有することができるシステムです。
 現在、公益財団法人 日本学校保健会により運営されております。
全国の感染性胃腸炎熱定点当たり患者届出数(最新情報)
国立感染症研究所のホームページより
感染性胃腸炎(Gastroenteritis)って、どんな病気?
1 感染性胃腸炎とは…?
 感染性胃腸炎という診断名は、多種多様の原因によるものを包含する症候群です。したがって原因となる病原体は、細菌、ウイルス、寄生虫など多種多様であり、臨床症状は病原体やその感染様式によって異なりますが、発熱、下痢、悪心、嘔吐、腹痛などが主に見られます。病原体は細菌性のものでは腸炎ビブリオ、病原性大腸菌、サルモネラ、カンピロバクターなど、ウイルス性のものではロタウイルス、腸管アデノウイルス、ノロウイルス(旧称Small Round Structured Virus; SRSV)などがあり、寄生虫ではクリプトスポリジウム、アメーバ、ランブル鞭毛虫などがあり、感染様式はほとんどの場合、感染患者からの糞口感染あるいは、汚染された水、食品を介して感染します。
2 流行疫学
 上述のように起因病原体が多種多様なため、年間を通じて患者報告数の多い疾患です。例年冬期はウイルス性の胃腸炎が多く、いわゆる「お腹にくる風邪」の主因であるノロウイルスの流行が晩秋から増加し始め、12月にピークとなり、次いでロタウイルスによる乳児嘔吐下痢症の流行が2月から3月にかけてピークとなった後、初夏までだらだらと続きます。夏期は細菌性のものが増加し、腸炎ビブリオや腸管出血性大腸菌などによる食中毒の発生がみられ、年によっては小さなピークを形成しますが、その後は秋に向けて減少していきます。ウイルス性の報告が多いため、罹患年齢は、幼児及び学童期が中心となっています
3 予防と発生時の対策
 細菌性のものに対しては食中毒の一般的な予防方法を励行し、ウイルス性のものに対しては流行期の手洗いと患者との濃厚な接触を避けるなど、いずれの病原体においても院内、家庭内あるいは集団内での二次感染の防止策を考慮することが大切です。
ノロウイルスとは?
ノロウイルスは冬の胃腸炎の主な原因で、嘔吐や下痢を引き起こします。このウイルスに汚染された水や食品を口することで感染しますが、風邪のように人から人へも感染します。また、感染しても症状が現れないことがありますので、家族に胃腸炎症状がある時は要注意です。 排便後や調理前は流水でしっかりと手を洗いましょう!
(吐物、オムツ等を処理する際は手袋・マスクを着用し、汚染された床等は塩素系消毒剤(次亜塩素酸ナトリウム)で拭くなど、二次感染に注意してください。)
引用(参考)文献
IDWR 2003年第11号「感染症の話」
病原微生物検出情報,Vol.17,No.2(1996),国立感染症研究所
病原微生物検出情報,Vol.19,No.1(1998),国立感染症研究所
病原微生物検出情報,Vol.19,No.11(1998),国立感染症研究所
病原微生物検出情報,Vol.20,No.11(1999),国立感染症研究所